処世訓「思ったこと聞いたこと」

  
いつも感謝の気持のある人、自分の弱点をかくさず人の前で笑える人、
  人のことを心配できる人、希望をもっている人は老人でもボケない人です。

  自分の死ぬときを上手にしたい人、悪いことはしません。

  自分の寿命と年を考えないで働く人、長命です。

  気を若く心軽く、くよくよしない人、長寿です

  自分の仕事に打ち込める人、長寿です。

  酒とタバコを止められた人、長寿です。

  くたびれを恐れず運動する人、長寿です。

  太ることを心配する人、長寿です。

  どんな良いことを教わっても実行しない人は、教わらないと同じで効果はありません。

  感謝と苦労のない人の精神体力は、運動体力とは反対に薄弱です。

  白人も黒人もキリスト教徒も仏教徒も神官もみんな人間です
  仲良くしたらよいなあと思います。

  和の強い心の人程、顔はやわらかくなるものです。

  死ぬもよし生きるもよしとは老人の云うことです、年をとっても希望のある人は
  死ぬも楽し生きるも楽しいと楽しいことばかり身の辺りにみなぎっています。

  会社で一番偉いのは自分だと思っている幹部は 
  自我欲だけが一番偉い馬鹿者なのです。

  うまい食事を腹一杯、眠りは自然にさめるまで、趣味は思う存分、他人の云うこと
  皆な悪い、他人の欠点ばかり調べている人は人の長たる資格はありません。

  苦労と感謝の二つともない人は、いくら財産があっても社会の落伍者です。

  随想の心得は先を急がず寄り道をして、写生画の心をもって自分を考え
  失敗と成功の体験をかくさずそして自己が他人になった時に書くものです。

  商売とは売れるのは駄目、売るのが真の商売なのです。

  仕事を生涯の任務と思っている人は立派な人です。

  常識を知っていて実行しない人の顔はあわれに見えます。

  定まった仕事のない人、さびしい人です。

  人の生活をうらやましく見ている人はみにくい姿をしています、
  愛情のある人は姿が美しく見えます、
  うそを平気で云う人の話を聞く人は悲しんで聞いています。

  施して報いを求めず受けて恩を忘れず反対の行動の人ばかり沢山います。

  自己のことを自ら百万言を使って売り込むより第三者の一言の誉め言葉が
  信じられるのです。

  覚えようと思わないで習おうと思うとよく覚えます。

  正直にまっすぐ歩く人でも、笑顔がないと突き当たる人が多くなります、
  けんかしてから死んだ友達でも、せめて夏には化けて出てくれればなあ
  と思います。

  勉強とは人生を習うのです。

  二から三は引けないと教える先生はいます、収入より支出が多くなると
  人生を踏み違えると教える先生はいません。

  人間界死ぬと畜生界とか天上界とかえ行くと、自分が行って来たような
  ことを平気で言ふのは、うそ界から帰って来た人でしょうか。

  死んだことのない人が死ぬと思いが残ると云って教えてくれます、
  一度死んだ体験者かと、聞く人は迷いが残ります。

  新しい世界を拓くと思う人は今日から幸せになるかも知れません。

  二十才三十才油の乗った年頃の私は仕事に空白時代だったのかも知れません、
  頭で覚えようとするから忘れるのです、肉体全部で覚えようとすれば忘れません。

  偉い人でも心の乱れる時代のなかった人はないそうです、
  早く乱れが改められた人が偉いのだそうです。

  故郷が無言で出身者を呼べるのは季節の食べ物です。

  間違った自分の考えに、酒飲みは正しいと思うようになる酒は考えを酔わせてしまいます。

  うそを云ふ人はいつの間にか本当だと思ってしまいます、
  うそも酔ふ酒と同じです。

  古人は酒飲みは酒に呑まれると云います。

  全智全能全力を出しなさい、歩けない病人でも火事のときは急いで歩いて逃げられます。

  仕事を命じられたらハイと言います、仕事をさせて戴く感謝に手を合わせて
  参拝する拝なのです、ハイは感謝の合掌なのです。

  有難うございますとは感謝する人や物質がまぶたに浮かぶまで云いなさい。

  礼儀は身近なもの程肝心です。

  良い安い早い欠点のない始めから終わり迄のサービスで繁盛店になれるのす。

  人造りが出来ないで事業の拡張をする馬鹿社長が居るから破産があるのです。
  教育とは人に依って教育を小さく分解しなさい、未来は分解人材時代が来ます。

  分解教育は人間だけでなく機械のロボットにも大きな実力があります。

  家の長たるもの家族を引きつけられないで会社の社員部下を引きつける力が
  あろう筈はございません。

  自動車の走行にも余力ではしれます、ギヤはニュートラで燃料は不用です。
  日常生活にも余力で経済が十分とれる筈です。

「初代理事長について」に戻る